Loading

Concept

designへの想い

企業理念

お客様が想うイメージを汲み取りカタチにすること

美しいく整理整頓された構成

必要な情報を見やすく構成されたチラシ等はとても読みやすいです。そのためには、心理的影響を与える色使い技術・目線導線・集客小技・目に止まるキャッチコピー・数字の見せ方などチラシの第一歩は、まずは読んでもらえることが大切です。プロが読んでもらうためのデザインを美しく表現します。

起業から現在までのStory

N's designは名古屋を拠点にグラフィックとWeb制作を得意とするデザイン事務所です。当事務所の代表は女性。おかげさまで起業から早数年。当初は男性向け・高齢者向け・お子様向けデザインをオールマイティーに承っておりました。起業した年に、あるエステサロン女性オーナー様に出会いその方との出会いが今を作りました。当事務所の代表が元々、女性向けデザインが得意であったことから、当事務所のデザインは少しづつSNSで広がりをみせ、気がつけばお客様の9割近くが【女性顧客を抱えるお客様】となりました。チラシには読み手の目線導線・集客小技・目に止まるキャッチコピーの配置場所・数字の見せ方などのノウハウを織り交ぜ制作を意識すると嬉しいことに更にお客様が増えはじめました。そこで培われた経験を元にデザイン面でビジネスの盛り上がりをお手伝いできればと思います。頑張る女性を応援させてください

当事務所代表経歴

デザインの学びの経歴等をご紹介しております。

画像をクリック

本当に欲しいターゲット層を手に入れるには?

お客様がターゲットに指定した年齢層のお客様を分析しすること。これに徹します。ターゲットユーザーの行動パターン、金銭感覚、生活、買い物する場所、趣味などを調査してからデザインを考案。本当に求めているエンドユーザー達が手に取ってくれるチラシづくりを目指しマーケティングも視野に入れ制作致します。とりあえずあればいいチラシではなく、手に取ってもらえるチラシづくりを!!!

見た目やパッケージ、HP等の、冴えないお店には行かない?
新規の女性客はとてもデリケートで、HPやチラシがカッコ悪い感じると違うお店をまた探します。そして独身女性でも主婦的目線を持っているから、限られたお金の中で、商品が質と値段が釣り合っているのか他店舗と比較されます。衝動買いをするのはよっぽど一目ぼれして、これならお金をだせると感じてから購入や来店行動に移る。そのためにも第一関門の見た目部分(外観、チラシ・HP等)を見直すのも大切です。